工場の派遣で働くデメリット

正社員と待遇に大きな差が出ることもある

工場の派遣で働く場合には、労働時間や出勤日数を比較的自由に選ぶことができますが、正社員と比べて待遇に大きな差が出るケースも珍しくありません。例えば、企業によって派遣社員には手当や賞与などの支給がなかったり、社員寮が利用できなかったりするころもあるため、求人に応募をする前にきちんと企業ごとの条件を把握しておきましょう。また、あまり業績の良くない企業が運営する工場では、派遣社員を対象としたスキルアップに役立つ研修が行われないこともあり、長く働いてもなかなか知識や技術が身に付かないといった問題もあります。そこで、長く工場の派遣の仕事を続けるには、正社員との格差の少ない職場を優先して探すことが肝心です。

契約期間が終わると解雇されるリスクもある

工場の派遣の従業員は、正社員や契約社員のような直接雇用ではないため、契約期間が終わると解雇されてしまうリスクがあります。特に、それほど高度なスキルが要求されない工場の仕事は、解雇のリスクが高くなる傾向があるため、契約終了後の仕事の探し方について、早いうちからしっかりと検討しておくことが大切です。また、派遣の従業員の数が多い工場においては、景気が悪化したり営業利益が落ち込んだりした場合に、大人数の派遣切りが行われることもあります。そのため、いざという時に備えて、各企業の工場で働く派遣の従業員の平均勤続年数や、契約更新の可能性について、企業ごとの公式サイトや求人票などを参考にして確認しておきましょう。

北海道の工場の求人を探して就職したい人は、求人情報サイトなどを利用することで多くの情報が得られます。