工場の正社員になるには

工業系の大学や高校の出身者は卒業後に正社員になれることも多い

工場の正社員になるには様々な方法がありますが、機械や電気、化学などの工業系の大学や高校の出身者であれば、卒業後にすぐに正社員として採用してもらえる可能性が高くなっています。また、在学中に実務に関係のある国家資格を取得することで、採用後に特別手当の支給を受けられることもあります。卒業生の就職実績の良い工業系の学校では、一人ひとりの学生に対する就職相談を行うだけでなく、希望に応じて職場見学やインターンシップなどのあっせんをしているところも少なくありません。そこで、優良企業の工場に就職をしたい場合には、学校選びの際に実践的なカリキュラムが組まれているところや、優秀な教員が揃っているところを探してみましょう。

非正規雇用で経験を積むことで社員に登用してもらえる企業もある

経営状態の良い大手企業の工場の中には、勤務実績や勤続年数などに応じて、派遣社員や契約社員などの非正規雇用者を正社員として登用しているところが増えています。特に、それほど高度なスキルが要求されない工場であれば、数年以上の経験を積むことで、正社員登用の対象者として選ばれることもあります。そのため、将来的に正社員として安定した待遇で働きたい場合には、正社員登用の基準がハッキリとしているところや、スキルアップに繋がる仕事を任せてもらえる工場の求人を探すことがポイントです。また、それぞれの工場で扱っている製品の種類により、業務中に必要となる能力や適性などが異なるため、興味のある工場の説明会や見学会に参加をしてなるべく自分に合う職場を見つけましょう。