工場の正社員で働くデメリット

従業員数が少ない現場では繁忙期に休日が取りにくい

工場の正社員は、派遣社員や契約社員と比べて安定した待遇で働くことができますが、職場内の従業員の人数によって、繁忙期に思うように休日が取りにくくなるというデメリットもあります。また、最小限の従業員で作業をこなしている現場においては、有給休暇の取得率が低い傾向があるため、仕事の疲れをしっかりと解消したい場合には、年間休日の日数や、長期の休暇の取りやすさなどにこだわって職場探しをすることが重要となります。最近では、ワークライフバランスの考え方が浸透している工場の数も増えていますが、中小企業の工場では依然として仕事と家庭生活の両立が難しいことがあるため、求職中にじっくりと職場環境の良い職場を見極めましょう。

製品の生産量によって残業時間が長くなることがある

工場の正社員は、製品の生産量によって残業時間が長くなったり、休日出勤を命じられたりすることもあり、体力的な面で他の雇用形態の従業員よりも負担が大きくなりやすいという問題があります。また、勤続年数が長い正社員は、新人の社員やパートの教育を任されることもあり、本来の業務以外に時間を割かなければならないケースも少なくありません。そのため、正社員として工場内で生き生きと仕事を続けるにあたり、人員配置が適切なところや、従業員同士のチームワークが良いところを職場に選ぶことが肝心です。なお、就職後に悩まないように、採用試験を受ける前に各地の工場で働く従業員の平均的な残業時間や定着率などをしっかりと比較しておきましょう。